カウントダウンジャパンのバイト

カウントダウンジャパンのバイトはここで探せる
主な仕事の内容

● 設営・撤去
● 会場整理・案内(誘導)
● グッズ販売
● 会場内の売店スタッフ・売り子

カウントダウンジャパンの開催前から開催後まで4日〜5日間の短期募集になります。基本的に1日から働けるバイトなので、期間内全ての日にバイトに入れないから諦める…なんて必要はありません。

会場整理・案内やグッズ販売はカウントダウンジャパンの主催者側に雇われるバイトですが、会場内の店舗・売店での販売スタッフ(売り子)のバイト募集も、まれにあります。会場整理やグッズ販売と比べて時給が高い、安いが極端な場合もあるので、応募の際は注意しましょう。

ちなみに、ステージなどの設備を設営・撤去する作業は、肉体的なきつさは多少ありますが、実働時間が少ないケースもあり、思ったより楽だったりもします。カウントダウンジャパンのようなフェス系のバイトでは、ライブ会場ないでの警備や整理のイメージが強いですが、ライブ自体にはあまり興味なく、お金を稼ぐのが目的であれば設営・撤去は穴場のおすすめバイトです。

バイトの場所は幕張メッセ国際展示場です。

実際バイトした人の体験談

過去のカウントダウンジャパン(CDJ)で実際にバイトした人達の体験談や口コミを見ていると、多いのが「アーティストには会えない」という事。ごく少数の限られた人が割当られた箇所で、もしかすると見れる、少し話せるかもしれませんが、基本的には会えないと思っておいた方がよいです。

会場整理・案内では、お客さんから多少厳しい言葉をかけられる事もあるようなので、その辺もある程度考えておいた方がよいでしょう。

カウントダウンジャパンの当日は会場内だけでなく、場外(屋外)での作業もあります。会場外の整理・誘導ですが、時期的に寒いのが一番ツラいようです。ただ、混雑のピークは会場が開く前の時間と終わった後なので、開催中はそれほど忙しくありません。

年末年始のバイトのなかでも稼げるバイトなのは間違いないので、それらを踏まえて上でも、毎年応募する人は殺到します。採用を逃さないために、気になるなら即応募しておきましょう!

募集している派遣会社

例年カウントダウンジャパンのバイトを募集している派遣会社は下があります。

●ライブパワー
●サウンドキューブ

どちらの会社も数百人規模で募集したりするので、採用される確率も高めです。ただし、応募者も多いので必ず採用されるかは、実際に応募してみないとわかりません。
ちなみに、両社ともに毎年ロックインジャパンのバイトも募集しています。

ポイント
ライブパワー、サウンドキューブどちらもライブ・コンサートのバイトを普段から募集しています。カウントダウンジャパンの前に、他のアーティストのコンサートでバイトをして時給を上げておくと、深夜割り増しなどのあるカウントダウンジャパンのバイトで稼げる金額も高くなります。

事前にライブのバイトに慣れておけば、力の入れどころと抜きどころがわかります。これは大事なことで、カウントダウンジャパンの様な長時間拘束のバイトでは、疲労感の違いに大きな差がでます。
まだライブ・コンサートのバイト未経験の人は、一度バイトに入ってみることをおすすめします。

大学生の年末年始のバイトで人気のカウントダウンジャパン

大晦日のカウントダウンジャパンのバイトは毎年人気が高まってきています。

というのも、夏フェスのバイトの認知度や人気が高まってきているのが要因のひとつでしょう。
夏フェスといえばROCK IN JAPANですが、同じ運営元が大晦日のカウントダウンフェスとして開催するのがカウントダウンジャパンです。

ちまににカウントダウンジャパン(CDJ)は、大晦日だけじゃなくて4日間も開催されます。今年の年末も「COUNTDOWN JAPAN 17/18」と題して2017年の12/28〜12/31の4日間です。単発・短期のバイトで稼げるので、4日間もあるのは嬉しいですね。ちなみにバイトの募集は設置・撤去もあるので、6日間だったりします。

カウントダウンジャパンのバイト募集は毎年秋口には募集が始まります。

11月〜12月にかけてカウントダウンジャパンのバイト応募は増えていきます。募集が急に打ち切られる可能性もあるでしょうから、CDJのバイトが気になる人はとりあえず応募だけはしておきましょう!

■ 大学生編のトップに戻る → 大学生のバイト探し